リフォーム業者選びの失敗

PR:住宅ローンの借り換えは借り換え本舗

初めて自分でリフォームするタイミングというのが、水漏れでした。

原因がわからず天井が濡れているようだったので、不動産屋さんに相談したところ、リフォーム業者さんを連れて見に来てくれました。

リフォーム業者さんでも水漏れの原因がわかるのかと心配ではありましたが、家を見慣れている人ならと思い、見てもらったのですが、あまり良くも見ないで「水漏れなのでこことここを直さなくては。」と。

その対応に納得できなかったものの、何とかしなくてはという気持ちと、初めてでわからないのとでとりあえず後日見積もりをお願いすることにしました。

業者さんが帰った後もやはり納得できず、その見積もり前に水道の業者さんに見てもらうことにしました。すると雨漏り等ではなさそうで、おそらくトイレのウォシュレット機械関連だろうと。それでも天井を開けてみないとわからないから、開けるとなると工事費がかかるので検討してくださいと。そちらはしっかり調べてくれているようで納得できました。それでも水道業者さんは天井を直してくれる訳ではないので結局天井を直す業者さんに頼まなくてはならないので、予定通り見積もりは来てもらいました。

水道業者さんに雨漏りではなくてトイレが原因だと言われた旨を伝えると、「天井開けないとわからないので開けていいですか」と。開けると料金がかかると聞いているので今判断できませんというと「この段階では発生しませんし、見てみないとわかりませんから」とのことなので仕方がなくお願いしたところ、いきなり天井を素手で破り始めました。

荷物も避けず養生もせず、天井がボロボロと落ちていきます。信じられませんでした。

水道業者さんの話では天井を開ける場合簡単な扉のようなものを作ると聞いていたのでせめてカッターのようなもので切って簡単に閉じると思っていたのに、ビリビリと破いて関係ないところまで引っ張っていきました。これでは今すぐにリフォームせざるを得ない状況です。さすがに「もうやめてください」と言いました。そのままその業者さんはお断りして別の業者さんに頼みましたが、その状況を見て驚いていました。

リフォームにはトラブルが多いと聞きますが、身をもって体感しました。