難しい中古住宅選び

家族が増えて、マンション暮らしでは手狭になったため、一戸建ての住宅に引っ越すことになりました。新築では、費用もかさんでしまうため、中古住宅を探すことにしました。実際に家探しをしてみると、一口に中古住宅といっても、千差万別であることがわかりました。築年数がそれほどたっていない、住宅は、やはり高額になります。一方、築年数がかなりたっている古い住宅だと、相当程度のリフォームが必要になるケースもありました。結局、リフォーム費用がかさむことで、それほど手ごろに購入できない中古住宅もありました。私たちの場合、主人が外国人は住宅ローンの銀行審査は厳しいようでしたので。また最近では、インターネットでも手軽に住宅の情報を調べることができますが、やはり実際に現地に足を運んで見ないことには、生活を始めたさいのイメージがわきにくいのではないでしょうか。ある中古住宅では、台所などの水周りがリビングからかなり離れた場所に設置されていたこともありました。やはり、費用と実際に暮らした際に便利であるかどうか。住宅選びの際には、そういったポイントもチェックしておくべきではないでしょうか。